So-net無料ブログ作成

小田原城本丸の崩落石垣 [中近世・城郭]

4月から小田原城址公園の草刈作業が継続的に行われています。次から次へと草が生え、追いつきません。

ここ数日は、本丸南側斜面の草刈が行われています。

IMG_0218.JPG

草刈前の状況 ユリが咲いています。

IMG_0219.JPG

とてもきれいです。

IMG_0214.JPG

IMG_0216.JPG

この石垣は、小田原市立図書館の前に位置します。

本丸をめぐるいわゆる「鉢巻石垣」で、当時は土塀がのっていました。

関東大震災でおよそ10mほど滑り落ちたものですが、小田原城の石垣のうち、江戸時代の積み方が確認できる数少ない遺構です。

IMG_0215.JPG

角(隅)石や隅脇石、天端石や間詰めなどはある程度、江戸時代の積み方を

読み取ることができます。

ここ2年ほどで、鹿舎の撤去や周囲の雑木が折れたり、伐採によって、

石垣の観察がこれまで以上にしやすくなりました。

ただ、日当たりが良くなったために、あっという間に草に覆われて、

わからなくなります。

石垣好きの方、今が見ごろです。

IMG_0217.JPG

 


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 15

コメント 2

yanya

石垣は今が見ごろのようですね。
次回小田原に行く時はチェックしておきます。

子どもの頃にこの近くで、
瓦を拾った記憶が思い出されます。
by yanya (2010-07-11 21:41) 

ジュンクワ

瓦は今でも落ちています。瓦頭部のものはまれでしょうね。
by ジュンクワ (2010-07-13 21:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0